人の成長を見届け、自分自身を成長させてくれる場所。

人の成長を見届け、自分自身を成長させてくれる場所。

久居店/店長 若菜希 
社歴/ 17年

本店である久居店で店長を務める。高校生のアルバイトからわたせいに入り、二度の退職を経験するも、現在では全幅の信頼を集めるリーダー的存在。

  • INTERVIEW.01
  • INTERVIEW.02
  • INTERVIEW.03
  • INTERVIEW.04

信頼する上司を助けたい!

もともとはアルバイト雇用だったんですが、家から近かった上に友達が働いていたこともあり、簡単な気持ちで入社しました(笑)。入社後は想像していたより力仕事が多く、体力的にやっていけるか不安でしたが気がつくとずっとわたせいで働いている自分がいました。振り返ると、ここが自分に合っていたんだと思います。自分ではもともと店長になるような意識がなかったのですが、社長や統括からバイヤーの業務を任され、自然なカタチで新しい仕事を身につけていました。また、店長という役職を打診された時、責任ある立場に対しとても悩み、不安も抱きましたが信頼していた統括を助けたい一心で役職を受けました。

苦労した経験があるので、
人の気持ちはよくわかる。

女性だけの職場はややこしく、働きづらいイメージがあるかもしれませんが、わたせいはそういったことはなく“女性が働きやすい職場”です。結婚や出産という人生の転機があっても、女性のワークライフバランスを諦めないでいられる女性にとって優しい環境です。わたせいの魅力を、一言で言い表すことは難しいですが、ひとりひとり違った特徴や個性に合わせた仕事を与えてもらえるので、人として成長できる場所だと感じています。自分自身、これまでいろいろな壁を乗り越えてきた経験があるので、店長として部下を育てていく上で人一倍悩みや苦難は共感できる自信があります。

部下の成長は自分の成長へと
繋がっている。

やっぱり売上が上がった時と、部下が成長してくれていることを実感した時は一番嬉しいと感じる瞬間ですね。例えば、何度教えてもできなかった子が、ある時、自分が思うことを言わずとも先回りしてやってくれたときに成長を感じ、人を育てることの嬉しさを覚えました。昔は自分が全てやる方が早いと考えていたので、人を育てる意識がなかったのですが、それではダメだとある時気づき、敢えて考えさせる時間を作り、自発的に行動してもらうように教育しています。そして、その成長を見守ることによって、自分自身も成長できているんだなと感じています。

精神が弱かった自分、
助けてもらった恩返しをしたい!

今はこうして、店長という職に就かせていただいていますが、昔の自分の甘さゆえ実はこれまでに二度、退職しています。退職後も統括とプライベートで親交があり、いろいろとお話する機会を設けていただいていました。家族以上に理解してくれたおかげで、復帰させてもらい、今があるのですが、今後は店長を務める自分のもとで働く部下が自分のようにならないよう、しっかりサポートしていきたいと思っています。わたせいは決して楽な職場、仕事内容ではないですが、日々笑顔を保ち、しっかり挨拶するという、人として当たり前のことができていれば、能力的なことは心配しなくても成長できる環境があります。