お問合せ

スタッフの ” お母さん的 存在 ”
でありたい

久居店 社員 / 上野 智佳 / 2006年 入社

staff interview.02

スタッフインタビュー.02

Chika Ueno’s Interviewスタッフインタビュー.02

スタッフインタビュー.02 イメージ

スタッフインタビュー.02 イメージ

まずは社会に出る一歩を踏み出す勇気から!
個性に合わせた仕事に就ける楽しさを知りました。

長い専業主婦の日々を経て ある程度 子供が大きくなった時、日頃から買い物に来ていた わたせいの倉庫でパートを募集している事を知りました。38歳だった私は、「このチャンスを逃すまい!」と気合い十分で面接を受け、採用。その半年後、突然 社長から「上野さんは “お店向き” の人だと思うから 店舗で働いてみないか」と声をかけてもらいました。自分が接客業に向いているかも分からず 不安はありましたが、上司に「自信を持って店舗へ送り出せる!」と背中を押してもらえたので、新しい環境へ飛び込む決心がつきました。店舗へ異動した直後、何も分からず戸惑う私に「本当に初めて?ちゃんと出来てるよ」と声をかけてくれたスタッフが居て、とても心強かったのを今でも覚えています。「私も新しく入って来たスタッフには自分から声をかけて緊張を和げてあげよう!」とこの時 心に決めました。当時のパート仲間には同じ子育て中のスタッフが多く、母親としての悩みも一緒で 相談したり話を聞いてもらったり…。心強く頼れる存在でした。元々 人と話す事が大好きだった私。慣れてくると店舗での仕事もすぐに やりがいを感じるようになりました。お客様との触れ合いが好きだからレジに多く入ったり、お祭り騒ぎが好きだからイベントのまとめ役をかって出るなど、自分の力が活かせる所ではフルに発揮できるよう努力をし、得意分野も見つけていきました。パート歴13年、迷って悩んだ日もありましたが、自分に出来る事を常に探しながらやってきたからこそ 楽しんで仕事を続けて来れたんだと思います。

50歳でパートから社員に。
『家族の為に働く』から、『自分の為に生きる』へ!

子供達が社会人になり、子育ても終了。時間的にもう少し働きたいな…と考え 面談の時に上司へ相談したところ、「これからの人生は、自分の為に進んで行くべき。社員になってみない?」と言ってもらいました。びっくりし過ぎて その時は上手く言葉に出来ず、「50歳で社員…。私に務まるのかな⁉︎」と悩みました。でも「ママなら大丈夫!頑張って!」「13年間パートとして積んできた経験がきっと活かせるはず!」と、家族や友人たちから たくさんのエールをもらい、決意しました。

私の得意は『みんなのテンションを上げる事』!
母目線で周りを見守っています。

売場作りや仕事の回し方は下手な私ですが、そこは得意な仲間に任せて 私の出来る事を頑張っています。私は人とコミュニケーションを取る事が好きで、周りの“観察”が得意です。スタッフの変化に誰よりも先に気づく自信があります。朝一番の「おはようございます」のあいさつや表情を見て、元気が無さそうだな、と思えば「何かあった?」「テンション上げていこう!」と声をかけるようにしています。また、人として大切な 身だしなみや後片付けの仕方などで 気付いた事があれば 口にするよう心がけています。「エプロンのヒモが緩んでるよ」「ゴミの捨て方 間違ってるよ」「お客様へのあいさつは笑顔、笑顔!」と、出来るまで声かけしています。正直 人への注意は言いづらい時もありますが、特に若いスタッフには これから先の事を思って根気強く指導出来る人でありたい、と思っています。

スタッフインタビュー.02 イメージ

「年だから…」と言い訳にして逃げたくない

50代になると、若手社員のスピード感と比べて 自分の不甲斐なさを感じる事も実際多いです。でも「年だから…」「私なんて…」という言葉で逃げたくない!私は私らしく、自分の役割を果たそう!という心構えで毎日仕事をしています。得意・不得意は誰にでも あるもので、わたせいでは それぞれが得意を活かしながらマイナス面を補い合って仕事を回しています。だからこれからの50代、また60代になっても、私は私の得意を活かして、まだまだ元気に イキイキと働いていけそうです。

スタッフインタビュー.02 イメージ




この街には、「家族』のようなお店がある

女性にしか出来ない女性ならではの、
優しさに溢れる想いやりのある会社をつくりましょう。
私たちと一緒に。

募集要項


お気軽にお問い合わせ下さい

TEL:059-255-4400 | FAX:059-255-4416 
< 受付時間 > 平日9:00~17:00(土・日・祝日除く) プライバシーポリシーの確認はこちら